「悩みすぎる」人のトリセツ:大嶋信頼

読書の時間

しまらいおんの読書記録です。

今回は大嶋信頼さん著

「悩みすぎる」人のトリセツ 

ーあなたとまわりの不安を一瞬で0にするー を紹介します。

自分自身が内向型・HSPで、悩みすぎる性格だと自覚しているからこそ読んでみようと思った本です。

自分自身のトリセツを!と思って読みましたが

実際は、自分自身にも役に立つし、自分の周りにいる悩みすぎている人たちのためにもなる!!

という画期的な本でした。

日々何気なく暮らしていると、自分の周りにいる人が実は「悩みすぎる人」だと気付かずに巻き込まれ

いつの間にか相手の影響を受けて、自分まで悩みすぎる人になっているということがあるそうです。

日本だと悩みがあっても、心理カウンセラーまでたどり着く敷居が高いので

普通の人がこのレベルの相談(心理カウンセラーに相談すべきレベル)を何気なく受けて、

その悩みの相談を引き受けてしまった方が、しんどくなることが結構あるとのこと。

話を聞くにもやっぱりテクニックや考え方があるので、そこでこのトリセツの出番というわけです。

その中でもしまライオンが気になったトピックを3つご紹介します。

  1. 行列や人混みが苦手
  2. テレビやネットに不安をあおられないために
  3. 生理的に嫌いな人は「あなたの財産になる」

このトピックに関しても、ちゃんとした原因や対処方法・考え方を紹介されており

なるほど!!と腑に落ちました。

その他にも、こんな人周りに結構いるいる~!とかいう事例がたくさん出てくるので

一読してみる価値はあると思います。

読書の時間
スポンサーリンク
シェアする
shimalion55をフォローする
しまらいおんのゆる~いブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました